無料ブログはココログ

« サクセスの階段から383段目 | トップページ | サクセスの階段から385段目 »

2014年10月 9日 (木)

サクセスの階段から384段目

本日の仕事。
さんま蒲焼、いわし甘露煮、しじみしぐれ煮を製造。
日々丹精込めて佃煮作りに励んでいます。


全国の駅弁(東海編)         

静岡県                      
 ふんわり赤ワイン仕込蒲焼きうなぎ弁当 〔浜松駅〕                    
  赤ワインを使用している事で柔らかくふっくらと仕上がった鰻の蒲焼きが乗り、
  冷えた弁当でも柔らかいうなぎ蒲焼きを堪能できるのが特徴です。
 
 
 濱松うなぎ飯 〔浜松駅〕                    
  タレをまぜ込んだご飯に、
  一口サイズにカットしたうなぎの蒲焼が所狭しとのる食べ応えのある一品。
  
  
  香ばしく焼き上げたうなぎに、特製のタレが絡みつき美味い。
  薄焼き玉子が程よく口の中を中和するので、しつこさがなく女性にも人気だ。

  
  肝の佃煮と奈良漬け、わさび漬けがつく。
 

 特製鯛めし 〔静岡駅〕        
  明治30年より販売される元祖「鯛めし」に、
  金目鯛の切り身と煮物を合わせた特製バージョン。

  
  鯛のそぼろがたっぷりとのったしょう油風味のご飯は、
  口いっぱいにかきこみたくなる美味しさ。
  甘めの味付けで、しっとりと煮上げているのが特徴だ。

  
  シンプルだからこそ美味しさが伝わる、伝統の技が冴える力作だ。

 
 駅弁版 極 富士宮やきそば弁当 〔富士宮駅、新富士駅〕     
  「B-1グランプリ」で王者に輝いた「富士宮やきそば」。

  
  富士宮やきそばの特徴は、コシの強いシコシコの麺と、
  ラードを作った後にできる肉かすを使った独特の風味。
 
  
  ソースがしっかりと絡みついた麺は食べ応えが充分で、
  奥深いウマさがやみつきになる。由比の桜えびを炊き込んだご飯や、
  イカの姿煮、えびや帆立をどーんっとのせた豪快さも魅力。

 
 いなりずし 〔伊東駅〕     
  豪華なおかずが並ぶ駅弁が多いなか、シンプルで美味しい「いなりずし」。
  明治神宮献上銘菓にもなっている由緒正しい“おいなりさん”なのです。

  
  じっくり煮込んだ濃厚かつ甘めの味付けは、
  もっちりと炊き上げたすし飯に絡み、懐かしさがこみ上げてくる。

 
 港あじ鮨 〔三島駅・沼津駅〕     
  地元の名産である鯵をふんだんに使って作り上げた「港あじ鮨」。

  
  押し寿司ではなく、
  にぎり寿しの新鮮さを味わってほしいとの思いから完成させた。

  
  ツンと香る生ワサビが入っているのがうれしい。
  
  
  小さなおろし金が付いているので、
  これをすりおろし、しょうゆをちょこっとつけて食べる。

 
 い寿司 〔修善寺駅〕     
  2004年の伊豆市の誕生にちなんで作られた「い寿司(いずし)」は、
  その洒落たネーミングの通り、伊豆の厳選食材と田舎料理を盛り込んだ、
  郷土色の豊かな駅弁。

  
  見た目にも鮮やかなちらし風の押し寿司は
  ワサビの酢漬けを混ぜ込んだ酢飯が特徴。
  
  
  具材には、近海で獲れた新鮮な地鯵や修善寺産の肉厚なしいたけ、
  魚と玉子のそぼろのほか、彩り豊かに人参、絹さや、えびが一堂に並ぶ。

  
  木枠には緑鮮やかな笹の葉を敷き、
  ワサビが描かれた手すき和紙のしおりを添えて、
  粋なはからいが何とも心にくい。
 

愛知県               
 だるまのみそかつヒレ重 〔名古屋駅〕               
  名古屋名物の味噌かつをアレンジした駅弁。

  
  中身は味噌だれに漬け込んだヒレカツがご飯の上に3個のせて、
  インゲン胡麻和え・つぼ漬けと共に半熟卵を添えている。

  
  食べる時に半熟卵を混ぜると美味である。
 

 純系名古屋コーチン とりめし 〔名古屋駅〕                    
  コーチン普及協会認定の100%名古屋コーチンを使った素材が自慢。


  日本人好みの照り焼きのタレがご飯にも。
  

 幕の内 名古屋めし 〔名古屋駅〕                    
  ひつまぶし、味噌かつ、天むす、手羽先、とりめし、
  土手焼き、ういろうなど名古屋名物オンパレードの弁当。


  名古屋の名物がひとつの弁当に盛り付けられた、欲張りな一品。
  ひとつ一つしっかり味付けされている。
 

 鶏めし 〔名古屋駅〕        
  美味しい上質な鶏肉として誉れ高い
  名古屋コーチンを贅沢に使った自慢の照り焼き弁当。


  メインの照り焼きのほか、から揚げ、煮物、
  玉子巻、くり豆と盛りだくさんの内容が嬉しい。


  ご飯は、名古屋コーチンのスープで炊き上げるというこだわりようで、
  上品でコクのある風味が口いっぱいに広がる。


  玉子そぼろは、自家製でていねいに作られている。
 

 びっくりみそかつ 〔名古屋駅〕          
  八丁味噌がベースの秘伝の味噌ダレに、
  とんかつを漬け込んだ奥深いこってりとした味わいよい。


  冷めても美味しくいただけるのもうれしいところ。


 抹茶ひつまぶし「日本一弁当」 〔名古屋駅〕     
  明治時代に名古屋から始まったとされるひつまぶしは、
  3つの異なる食し方でいただくのが流儀。


  “そのまま、“薬味をのせて、“お茶をかけてと、
  次々に変わる味の広がりを楽しめるのが魅力の一つ。


  この流れをお弁当で見事に再現できるのが、この駅弁のすごいところ。


  ワサビや山椒、のりを薬味とし、最後は抹茶をかけていただくのだ。


  うなぎの短冊切りに肝までつく本格的な味わいを存分に楽しめる。


岐阜県          
 三色ほうば寿司 〔高山駅〕                    
  飛騨の郷土料理・ほうば寿司を山海の幸で仕上げた贅沢な逸品。


  香り高い朴葉で包んだ寿司は、
  格別な風味が楽しめ、繊細な味となって舌に伝わる。
 

  ネタは、マス、あなご、えびの3種で、見た目にも美しい。
 

 飛騨牛しぐれ寿司 〔高山駅〕                       
  飛騨牛をしぐれ煮とローストビーフの2つの味で楽しめるうれしい一箱。


  酢飯を使っているので、牛肉でもさっぱりといただける。
  脂が程よくさしたロゼ色のローストビーフは、見るからに美味しそう。
  

  ワサビしょう油をつけていただくのも乙な食べ方でいい。
  じっくりと煮上げた甘辛のしぐれ煮も、柔らかく絶品。
 

 栗おこわ弁当 〔中津川駅〕                
  ゆっくりと時間をかけてモチモチに蒸し、
  仕上げたおこわは、冷めても硬くならず、
  ずっとやさしい食感をキープしているのが見事。


  その上には、栗きんとん発祥の地に相応しく、
  甘めに味付けられた栗の実がたっぷり。


  鳥肉磯部揚げ、だし巻玉子、焼魚、つくね串、
  鶏肉のうま煮、海老しんじょう、里芋の煮付け、
  椎茸とごほうの甘辛煮など、栄養バランスがよく、
  豊かな付け合わせが並んで、色々な味を一度に楽しめる


三重県         
 匠の技 松阪牛物語 〔松阪駅〕            
  松阪牛の王道、すき焼きを本格的にお弁当にした力作。


  温かく食べられるように加熱容器を使用。
  食べる前に紐を引くだけで、ほかほかのすき焼きを楽しめる。


  松阪牛の特徴である脂肪分の旨みと肉汁が溶け出して、
  口の中でクリーミーにとろける、感激の味を体感してほしい。


  また、
  松阪牛の証である流通証明「松阪牛証明書」がついてくるのも、
  旅の思い出話になりそうだ。


明日10月10日は、「目の愛護デー」         
中央盲人福祉協会が1931(昭和6)年に「視力保存デー」として制定。
戦後、厚生省(現在の厚生労働省)が「目の愛護デー」と改称した。

「10 10」を横に倒すと眉と目の形になることから。

また、
1963(昭和38)年のこの日、アイバンクが開設された。

« サクセスの階段から383段目 | トップページ | サクセスの階段から385段目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1958787/57627216

この記事へのトラックバック一覧です: サクセスの階段から384段目:

« サクセスの階段から383段目 | トップページ | サクセスの階段から385段目 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31