無料ブログはココログ

« サクセスの階段から391段目 | トップページ | サクセスの階段から393段目 »

2015年10月28日 (水)

サクセスの階段から392段目

今日は、当店の所在地である吉田宿の説明です。


吉田は鎌倉時代から、東海道の前身である鎌倉街道沿いの重要な町の1つ。
戦国時代末期には東三河の戦略拠点の1つとして 今橋城(のちの吉田城)が築かれ、
以後城下町として発展。


東海道が設定された当初からの宿場で、
江戸の日本橋より西方73里(約287km)に位置し、
東の二川宿とは1里20町(約6.1km)、
西の御油宿とは2里20町(約10.5km)離れており、
町並は23町30間(約2.6km)の長さがあった。


征夷大将軍の徳川将軍家の老中・大坂城代・京都所司代格の大名の吉田藩の所領であり、
吉田城城下町と湊町(吉田湊、船町)を合わせた宿場町であった。
      《この湊町に当店があります》


表町12町と裏町12町の計24町で宿を構成されており、
1802年には、本陣が2軒、脇本陣が1軒、旅籠は65軒あり、
戸数は約1,000軒で人口は5,000から7,000人ほどであったそうです。


以上、今日はこんなところでお休みです。

« サクセスの階段から391段目 | トップページ | サクセスの階段から393段目 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サクセスの階段から392段目:

« サクセスの階段から391段目 | トップページ | サクセスの階段から393段目 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31